持続可能な開発目標への取り組みSDGs

GOALS

持続可能な開発目標への取り組みSDGs

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

社長メッセージ

当社は創業以来、積極的な若手社員の雇用促進と人財育成制度、当社で働く社員と健康管理を軸とした働きやすさの追求など、企業として社会的責任を第一に事業活動を行ってきました。

また、それらの活動を体系的かつ持続可能なものにするためにISO27001(情報セキュリティ)、プライバシーマーク(個人情報保護)などの第三者認証の取得により、当社の継続的な改善の基礎固めとしてきました。

私たちは、「情報技術を通じて、お客様の繁栄に寄与するとともに社員の生きがいを大切にし、社会とともに成長と発展の継続を目指します。」を企業理念に、IT技術の進歩に貢献し、グローバルな共通言語であるSDGsの視点で企業価値の向上を目指し、事業成長を果たしていきます。また、IT技術に関わる不公平性の解消に取り組み、経済的な生産性向上と文化的な相互理解促進に努め、より豊かな国際社会の構築に尽力してまいります。

総研システムズのSDGsへの取り組み

働き方改革

積極的なICTツール(Information and Communication Technology)の利用による働き方改革を推進していきます。

在宅勤務制度(テレワーク)

テレワークを導入することにより、時間や場所に縛られない柔軟な働き方の支援と感染症リスクの低減や、健康維持のサポートをしています。

詳細はこちら

ペーパーレス化

環境問題や業務効率のための社内文書、会議や打ち合わせ資料のペーパーレス化を推進しています。

詳細はこちら

女性活躍推進

女性活躍推進

出産した女性の時短制度や女性委員会を通じて、働きやすい職場環境の構築と、女性が活躍できる企業を目指しています。

詳細はこちら