総研システムズのSDGsへの取り組み

GOALS

働き方改革

積極的なICTツール(Information and Communication Technology)の利用による働き方改革を推進しています。
(グループウェアの導入・RPA化・オンライン会議ブースの設置等)時短勤務も積極的に導入し、長時間労働の削減にも取り組んでいます。
さらに、社会情勢の変化に対応し在宅勤務制度を導入しています。

在宅勤務制度(テレワーク)

テレワークを導入することにより、時間や場所に縛られない柔軟な働き方ができ、災害時や緊急事態でも社会機能を一定以上に保つことができます。
また、昨今のように新型コロナウイルスのような感染症が流行したときには、他人との接触を防ぐことによって、感染症に罹るリスクを軽減するとともに、従業員の通勤によるストレスや疲れが軽減され健康状態の維持が期待できます。
また、グループウェアの機能を利用し会議のオンライン化も積極的に取り組んでいます。

ペーパーレス化

環境問題や業務効率を考慮し、グループウェア、タブレット等を有効活用し社内文書、会議や打ち合わせ資料のペーパーレス化を推進しています。
また、多様な働き方を支える基盤作りにもつなげています。

女性活躍推進

女性活躍推進

一般的にIT企業の女性比率は10%ほどと言われていますが、当社では結婚、出産、育児をしながら長く働き続けられる企業風土を育み、現在20%となりました。
出産した女性社員はほぼ全員が復職し、時短制度を活用して勤務を続けています。
今後も女性社員や女性幹部比率の向上への支援を進めていきます。
また、当社では女性委員会を通じて、女性目線から働き方改革の推進活動も行っており、働きやすい職場環境の構築と、女性が活躍できる企業を目指しています。